ベルト

ルミノックスのベルトについて

このページでは知っておきたいベルト交換の方法やルミノックスのベルトの種類を紹介していきます。
ベルトには興味がないという方もいらっしゃるかもしれませんが、腕時計にとってベルトは非常に大切なものです。
またルミノックスの場合はベルトをラバーやナイロンなど違う素材のものに付け替えることができますので、興味のある方は是非読んでみて下さい!

ベルトの交換について

どんなに大切に使っていても、絶対に劣化してしまうのがベルトです。
ベルトの交換には以下の3つの方法があります。

1. 時計店で行なってもらう方法
時計店であれば費用は基本的にベルト代しかかかりませんが、純正のベルトではなくなってしまいます。
費用を抑えたい方にはおすすめですが、純正のベルトをつけたいという方は持参していくのがいいでしょう。
2. 正規店で行なってもらう方法
正規店だと普通の時計店で行ってもらうよりも若干費用はかかりますが、純正のベルトに交換してもらうことができます。
3. 自分で交換する方法
ルミノックス腕時計のベルト交換はそこまで難しくなく、バネ棒外しさせあれば誰でも行うことが可能です。費用もベルト代のみなので非常に安く抑えることができます。
詳しいやり方については公式サイトに画像付きで掲載されていたものがありましたので、是非参考にしてみて下さい!
コチラからどうぞ

ルミノックスのベルトの種類

ステンレススティール
ステンレススティール
鉄に最低10.5%以上のクロムを含んでいる合金銅鋼のことをいいます。
サビにくく持ちがいいのが特徴で、オン・オフどちらのスタイルにもなじみ、とにかく他のベルトに比べあらゆる面で優れています。
表記に「ステンレス」「ステンレススチール」「SS」と記載されているのがこれにあたります。
ベルトコマとコマの間に皮脂や日頃の汚れなどがたまっていってしまうので、定期的に掃除をする必要があります。
ステンレススティール
ナイロン
耐水加工を施したナイロン製のストラップです。
ミリタリーウォッチによく使われ、軽くて丈夫な点が大きな特徴です。
ナイロンベルトもラバーベルトと同様、ほつれたり一度亀裂が入るとベルトがもう使えないため買い替える必要があります。
しかし純正でないベルトでも1,000円~ほどから購入できお手頃な価格帯で購入が可能なので心配は必要ありません。
ナイロンベルトのお手入れ方法はコレ!というものがないので、汚れが目立ったきたら新しいものに買い換えてしまうのが一番でしょう。
ラバー
ラバー
弾力性、耐久性に優れたゴム製のストラップです。
着け心地ち、肌触りがよくとにかく軽く、価格も比較的安いのが特徴です。
アウトドアウォッチやミリタリーウォッチなどで使われることが多いです。劣化はしにくいものの、一度亀裂が入ると裂けてしまうという欠点がありますが、安価なためそれほど心配する必要はないでしょう。
お手入れの方法は水で薄めた中性洗剤やせっけん水で洗ってあげるとある程度きれいになります。そのあとは必ず通気性のいい場所で乾燥させるようにしてください。
Copyright©ルミノックスをGETせよ!All Rights Reserved