ルミノックスの歴史

ルミノックスの歴史

ルミノックス誕生するまでの経緯を当時の時代背景とともに紹介します。

ネイビーシールダイブウォッチの歴史

ネイビーシールダイブウォッチの歴史米国海軍特殊部隊が認めた優れた視認性、耐久性、防水性、軽量性。
1992年、湾岸戦争の緊張が続くなか、アメリカ国防総省は海軍特殊部隊 NAVY SEALSの軍備強化に着手し、強化任務の命を受けた。
軍備調達担当のニック・ノース軍曹は翌1993年、その当時は無名だったルミノックス社と運命的な出会いを果たしました。

極めて過酷で、迅速かつ綿密な任務の遂行が要求される NAVY SEALS隊員にとって、欠かすことのできない唯一無二の軍備品、それはどんな状況においても瞬時に、そして確実に時刻を確認できる腕時計でした。

任務の遂行にとって時刻の誤認識や誤差は、部隊の全滅をも招きかねないと認識していたノース軍曹は、ルミノックス社の驚異的な発光システムである「ルミノックス・ライト・テクノロジー」に着目し、最強の精鋭部隊である NAVY SEALSの作戦行動において「何時、いかなる状況であっても時刻の確認ができる特殊軍用時計」の開発をルミノックス社に要請しました。

ルミノックス社は9ヶ月もの時間をかけてプロトタイプを開発し、政府調達製品仕様書(MIL-46374F)に基ずく過酷な状況下での1年間のテストと6ヶ月間の実戦を経て、視認性、耐久性、防水性、軽量性など、あらゆる要求をクリアするU.S.Navy SEALs DIVE WATCHが1994年に完成したのです。

ユーエスエアフォースパイロットウォッチの歴史

ユーエスエアフォースパイロットウォッチの歴史米国空軍パイロットが認めた驚異的な視認性、防水性、耐久性、信頼性。
1991年、ルミノックスに新たな歴史を刻む1本の連絡がはいりました。

その電話は1991年1月17日。湾岸戦争の口火を切った夜間空爆作戦に参加したエドワード空軍基地所属の”F-117ナイトホーク”のパイロット本人からでした。
「あの日我々は夜間作戦行動に備え、暗闇での視認性を絶対条件としてルミノックスを装備していた。今でも皆、愛用している。」彼は、高度の上空が戦いの舞台となるパイロット達の為にルミノックスに幾つかの改善点を指摘し、戦闘任務に最適なパイロットウオッチ開発をルミノックス社CEOのバリー・S・コーエンに要請したのです。

ルミノックス社は総力を上げてすぐさまパイロットウオッチの開発プロジェクトに着手しました。
パイロット達の要望であった風防には太陽光線を吸収するかのように分散させる無反射偏光コ-ティングを施したサファイアグラスを採用し、いかなる条件下においても 最高の視認性を確保したのです。

そしてケース・ベゼル・ソリッドメタルストラップには500℃の 温度でステンレススティールと窒素ガスを反応させてコーティングを施す物理蒸着処理(PVD)を採用し、オリジナルシリーズに比べ各段に優れた耐衝撃性を実現すると共に、上空の強烈な太陽光線の乱反射を防止する為に漆黒のボディーカラーに統一しました。
さらに10年間の寿命を誇るリチウムバッテリーを搭載することで、F-117ナイトホークパイロットの要請に答えたのです。

開発されたプロトタイプの充実した機能と優れたデザインはF-117ナイト ホークを生産するロッキード・マーティン社や米国空軍に認められ、米国空軍・ロッキード・マーティン社公認のパイロットウォッチとしてライセンス契約を締結しました。
1999年、軍用パイロットウオッチを代表する”F-117ナイトホーク”が完成し、パイロット達に最も重要な信頼のおける計器として愛用されています。

Copyright©ルミノックスをGETせよ!All Rights Reserved